日焼けの仕組み

ソラリウムって何?

タンニング光線の健康パワー

タンニングマシーンについて

良い日焼けと、悪い日焼け

メラニンは天然のサンスクリーン

日焼け能力は肌質に左右される

日焼けの仕組み

紫外線は健康に不可欠

光線パワーとボディリズム

太陽光線の仕組みは?

 

ケラチノサイトまでのメラニンの運搬

mechanism1.jpg

皮膚の「基底層」には、紫外線の入射で活性化する「メラノサイト」という細胞があります。紫外線のエネルギーを受けると、メラノサイトは貯蔵しているチロシンからメラニン色素(顆粒)を作り出します。作られたメラニン色素は、上図のように細胞の小さな腕を経由して、すぐ上にある胚細胞(ケラチノサイト)まで移動していきます。その後、そこにある細胞核のまわりに蓄えられます。
○メラニン色素の色が薄い段階では、皮膚の保護作用は少ししかありません。

 

UVBによる色素生成

mechanism2.jpg


メラニン色素の生成はUVBの働き
色素の生成に関与するのは、約300nm前後のUVBです。 色素を褐色化させるのはUVAの働きメラノサイトで作られた色素は、初めは薄いピンク色をしています。この色素はやがてUVAの働きによって酸化され、褐色に変わっていきます。色素の褐色化はUVAしかできません。(上図)