太陽光線の仕組みは?

ソラリウムって何?

タンニング光線の健康パワー

タンニングマシーンについて

良い日焼けと、悪い日焼け

メラニンは天然のサンスクリーン

日焼け能力は肌質に左右される

日焼けの仕組み

紫外線は健康に不可欠

光線パワーとボディリズム

太陽光線の仕組みは?

 

taiyou.gif

太陽光線の組成
太陽光線は図のように幾つかの光線が連続して構成されています。一般的に目に見える光線は可視光線といい、プリズムを通すと赤から紫まで七色に分光して見えます。可視光線の一方の端にある赤色光の外側には赤外線(IR)が、もう一方の紫色光の外側には紫外線(UV)が続いています。

 

taiyou2.gif

太陽光線のエネルギーと波長の関係
光は小さなエネルギーのかたまり(フォトン=光量子)からできていて、宇宙空間をおよそ〈300,000km/秒〉の速さで進みます。太陽光線の進行は一直線ではなく、小さな波状に振幅しながら進んでいきます。この光線の振幅(スペクトルの幅)を波長と呼びます。また、それぞれの光線は異なる波長(エネルギー)の性質をもっています。光の波長の幅が短くなるほど、エネルギーは大きくなります。赤色光の領域は長い振幅をもつので長波長光といい、弱いエネルギーです。紫色光の領域は短い波長なので短波長光といい、エネルギーは強くなります。光線の波長はnm(ナノメーター:十億分の一)の単位で計測されます

 

 

 

image04.gif