適度な日焼けが必要とされる理由

 "日焼けは皮膚のUV対策"  080801.jpg

日焼けは皮膚が太陽の紫外線に負けて黒くなるのではありません。
夏に日焼けするのは、紫外線や活性酸素に対する皮膚の防衛対策なのです。紫外線を浴びると皮膚の組織はメラニン色素を増やし、肌色を褐色に変えて、紫外線のエネルギーから細胞を守っています

 

"白い肌は紫外線に弱い"

夏に白い肌のままでいると、紫外線のエネルギーから皮膚を守ることができません。また、白い肌を続けていると、メラニン色素を作る能力が退化し、ますます紫外線に弱い肌になります。