「小麦色の肌はセクシー!」を科学分析?

日焼けには2種類ある!?

紫外線から肌を守る食事

メス化する人類を太陽が救う

生命を育む太陽の奇跡

紫外線は有害なの?

イライラ防止に日光浴が効く!

日光浴でスリムボディに!

ボディリズムのつくり方

「小麦色の肌はセクシー!」
を科学分析?

紫外線で汚れた海が蘇った?

適度な日光浴は皮膚ガンを防ぐ

高血圧は日光浴で改善できる

心臓病を防ぐ“日光”の神秘

脳の動脈硬化に“光線”が効く

太陽光線の分類と生理作用

紫外線の効能

可視光線の効能

 

日焼けで魅力がアップする不思議 12.jpg

 太陽の匂いのする小麦色の肌……。私たちがそこに抱くイメージは“健康的なセクシーさ”のひとことに尽きるでしょう。では、なぜ日に焼けた肌は色っぽく感じられるのでしょうか? ボストン州立病院が、太陽光線に含まれる紫外線が私たち人間の性ホルモンの分泌にどんな影響を与えるかを調べる…という、ちょっと変わった実験を行いました。その結果、紫外線を浴びると男性ホルモン(アンドロゲン)の分泌が120%(!)もアップすることが判明しました。さらに、女性ホルモン(エストロゲン)も大幅に増加することが分かったそうです。特に、女性の場合は、エストロゲンの分泌量が増えるほどにセクシーな魅力がアップするそうです。


●性ホルモンはどんな働きをするの?
そもそもホルモンとは、ギリシア語で「呼び覚ますもの」という意味です。女性ホルモンの場合は、一生のうちに分泌されるのはスプーン一杯ほど。これだけの微量で女らしいカラダつきをつくったり、毎月の排卵リズムを整えたり……。こんな大きな威力を発揮する化学物質は、人体中ではちょっと他に見当たりません。
※参考文献=「LIGHT」(by Jacob Liberman/Bear&Company Ink 1991)