安全な日光浴の実践

 2004年6月7日、マイケル・ホリック教授(Michael Holick)は、「安全な日光浴の実践」というテーマについてイギリスの全国紙を釘付けにした。ロンドンのエナジー・クリニック(Energy Clinic)で開催されたプレス・コンファレンスで彼が発した国民への警告は、日光を避けるようにという皮膚科医の指示があまりに浸透しすぎたため、今や人々の健康が大いに脅かされているというものであった。
 研究によれば、英国民の30〜50%はビタミンDが欠乏しており、そのために乳ガン、前立腺ガン、大腸ガン、卵巣ガンを発病する危険があると、彼は指摘する。ビタミンDの生涯レベルが高いと、これらのガンが予防されることがわかっているが、人口の約半数は年間を通じて高いビタミンDレベルを維持していないという。
 「あなたはタンニング(日焼け)を擁護するのですか?」、とサン紙(THE SUN)のリポーターが尋ねると、「いいえ」とホリックは答えた。「私はタンニングを勧めているわけではありませんが、事実、タンニングをしたいという人々がいますし、彼らは真実を知るべきです。」と、サンデー・タイムズ紙(The Sunday Times)の記者に対する答えの中で、彼は付け加えた。「そして真実は、ボストンでタンニングをした人を対象に行われたある調査では、日焼けサロンを定期的に利用している人は、冬の終わりに高いビタミンDレベルを維持していたが、非利用者はビタミンDが欠乏していたということです。」

 

Practicing Safe Sun
Professor Michael Holick held the UK's national press at bay on 7th June on the subject of "Practicing Safe Sun". His warnings to the nation at a press conference in London's Energy Clinic were that sun-avoidance prescriptions by dermatologists have gone too far and now massively threaten public health.
His research points to 30-50% of the UK population being Vitamin D deficient to the extent that they run a very real risk of developing breast, prostate, colon and ovarian cancers. High lifetime levels of Vitamin D have been shown to prevent such cancers - but almost half the population do not maintain high Vitamin D levels year around.
"Are you advocating tanning" asked the reporter from THE SUN. "No" replied Holick, "I do not recommend tanning but the fact is that people want to tan and they should know the truth." Later, in the answers to The Sunday Times correspondent, he added "and the truth is that in one survey of tanners in Boston, regular visitors to tanning salons maintained high Vitamin D levels at the end of winter, whereas non-tanners were Vitamin D deficient."

▲このページのTOPへ