しかし、一般的な認識を覆すには前途多難との見方も。。。

 信念を貫くタイプのウィリアム・グラント博士。生活習慣病の原因と関係する、食生活と環境について研究を重ねた結果、UVB(中波長紫外線)の効能に関する、新たな見解に辿りつきました。これは同時に、未だかつて(ほとんど)誰も考えついたことがなかった、驚くべき研究結果と考察に辿りつくことにもなりました。もちろん、批判や疑念の声はあがっています。彼の最新の研究成果や、一般認識に対する問題点、インドア・タンニングへの将来的な期待など、本誌「タンニング・ジャーナル」に語ってくれました。

 

Still more work required to turn public opinion...
Dr. William Grant depends on no one but himself. His interest in dietary and environmental links to chronic disease has led him towards new insights into the effects of UVB radiation. It has also led to stunning research results and points of view that (almost) no one has thought about before. Criticism and disbelief are some of the rewards he receives. In Tanning Journal, he shares with you his new research findings, his view on public education and his expectations of the future attitude towards indoor tanning.

 

 ウィリアム・グラント博士は、食生活とUVB、生活習慣病の発症リスクに関して、いくつかのめざましい研究成果をあげていることで有名です。

 グラント博士:「そもそも私が健康の分野に携わることになったのは、アルツハイマー病を引き起こす危険要因といわれる、全体の食物摂取エネルギー量と脂肪量の同定や、魚類や穀物/またはその加工品を、リスクの低減要因として同定するなどの、食生活に関する生態学的な研究がきっかけでした。アルツハイマー病の発症と環境的な要因は関係ないと考えられていた1997年当時、この研究結果を発表したのです。アルツハイマー協会は、2002年にいずれかの研究報告で同じ内容が公表されるまで、私の研究報告に異論を唱え続けました。

 もう1つ特筆すべきは、私が2002年に発表した、UVBと癌の発症リスクの低減に関する研究報告です。この研究で、ビタミンDの数値に関係して発症する体内にできる癌を、4種(乳癌、結腸癌・直腸癌、卵巣癌、前立腺癌)から、14種へと増やしました。また、毎年17,000〜23,000人のアメリカ人が、UVBとビタミンDの不足による癌で、時期尚早に死亡しているとの指摘もしました。」現在も、食生活とUVB/ビタミンDが、様々な生活習慣病の発症リスクをいかに低減できるかという点について、さらに研究を重ねています。

 

William Grant is well known for a couple of research findings regarding diet and UVB and risk of chronic disease. Grant: “My initial foray into the health field was an ecologic study that linked diet to risk of Alzheimer's disease, identifying total energy and total fat as important risk factors, and fish and cereals/grains as important risk-reduction factors. I published that finding in 1997 at a time when it was thought that environmental factors played no role in the risk o f Alzheimer's disease. The Alzheimer's Association disputed my findings until they were repeated elsewhere in 2002. My second claim to fame is the ecologic study on solar UVB and cancer risk reduction I published in 2002. I raised the number of vitamin D-sensitive cancers from four (breast, colon, ovarian, and prostate) to fourteen. I also estimated that 17-23,000 Americans die prematurely each year from cancer, due to insufficient UVB/vitamin D.” His current projects are related to extending the knowledge of how diet and solar UVB/vitamin D modify the risk of various chronic diseases.

▲このページのTOPへ