生態学研究の魅力について

 グラント博士は、生態学界を代表する屈指の専門家です。この分野の研究の素晴らしさをこう語ります。「生態学研究においては、人口は州や国などの地理的な条件から割り出しますが、病気の諸症状や様々なリスクの低減要因も、同じレベルで割り出すことができるのです。」その他の研究分野と同様に、生態学の研究にも利点と不利点があると語ります。「生態学への取り組みの中で有利な点は、以下が挙げられます−(1)すでに研究の済んでいるデータは、一般的に公なデータとして自由に利用できる点、(2)リスクの低減要因に対する価値観は、病気の諸症状と一緒で千差万別ながら、関連性の同定と定量化を容易にしている点、(3)パラメーターとその範囲が、用意に変更できる点、(4)このような研究にかけられるコストと時間が、ケースコントロール(症例対照)研究とコホート(同世代)研究を含む、観察研究と比べると、最小限に抑えられる点。

 

Getting into ecologic studies
Grant is an expert in conducting ecologic studies. He explains what is special about these studies. "In ecologic studies, populations are defined geographically, such as states or countries, and disease outcomes and various risk-modifying factors are determined at that level." As every method, ecologic studies have their advantages and pitfalls. "The advantages of the ecologic approach include: 1) the data have already been collected and are generally freely publicly available; 2) the values for the risk-modifying factors vary widely, as do disease outcomes, facilitating the identification and quantification of the links; 3) the parameters and their ranges can be varied easily; 4) the cost and time involved in such studies is minimal compared to observational studies involving individual subjects in case-control or cohort studies.

 

一方、不利な点としては、(1) ケースコントロール研究とコーホート(※)研究(※)、に比べると、受け入れられるレベルが低い点、(2)偶然的にも発見される相関関係、もしくは前例のない要因に関する相関関係を、見つけ出せるかどうかの可能性にかかっている点などです。」
UVBとビタミンDの癌への影響に対して反論する人々は、地理的な違いによるUVBのレベルと、発癌リスクの相関関係が原因なのではなく、前例のないものに起因すると言い張っていると、グラント博士は語ります。「ガーランド教授と私が、我々の考える地理的な違いによるアメリカの癌死亡率の研究に、半ダースもの発癌リスクの低減要因が当てはまると発表したところ、原因は他にあり、未だに関連性が証明されていない発癌リスクの要因を見落としているだけだと、異を唱える人々に反論されました。」

(※)コーホートとは、同年(または同期間)に出生した集団を意味する人口学上の概念。出生・結婚などの同時発生集団をいう。同じ一年間あるいは五年間などに生まれた同時出生集団をさすことが多い。コーホートを分析し、時系列の変化を軸に人口の変化を捉え、そこから得られる性別・年齢別生存率、性別・年齢別移動率、母親の年齢階級別出生率、出生者の男女比などを用いて将来の人口予測を計算する方法をコーホート法と言う。

 

The pitfalls, on the other hand, include: 1) lower level of acceptance than case control and cohort studies and intervention studies; 2) the possibility of finding correlations that are fortuitous or due to unmodeled factors. " Grant concludes that those opposed to the UVB/vitamin D/cancer hypothesis can claim that the correlations between geographic variation in UVB levels and cancer risk could be due to other factors not included in the model. "gEven after Prof. Garland and I showed that we can include half a dozen cancer risk-modifying factors in our study of the geographic variation of cancer mortality rates in the U.S., some people still claim that we have overlooked some factors, possibly factors not yet linked to cancer risk."

▲このページのTOPへ