激しい批判

 もし人々がもっと日光浴をすれば、アメリカにおける発癌率を185,000件も低減することができ、しかも全乳癌の発症率の4分の1は、日光浴不足に起因していると、グラント博士が発表したとき、激しい批判を受けました。「しかし推定値は間違ってはいないのです。低減できると発表したあの数値は、毎年1,373,000件も発症している(皮膚癌以外の体内にできる)癌の13%にも及ぶのです。それよりも第一に、癌は発症してから発見されるまで、15〜25年もの歳月がかかるということが、もっと認識されるべきだと思います。その長い期間、ビタミンDが重要な役割を果たしてくれるのです。アメリカ人は、1日に約300 I.U.のビタミンDを消費しており、UVBは、ビタミンDの生成に大変貢献してくれます。白人の血清25(OH)Dレベルは、冬季で約25 ng/mL、夏季は35 ng/mLですが、アフリカ系アメリカ人(人口の13%を占める)の血清レベルは、わずか15-20 ng/mLしかありません。数値は年齢とともに低下する傾向にあり、屋内で生活する人々は、さらに著しく低下します。

 

Serious criticism
When Grant stated that the incidence of cancer in the USA could be lessened by 185,000 cases if people would get more sunshine, and that a quarter of all breast cancer cases are induced by a lack of sunlight, he has been receiving some serious criticism. Grant: "But the estimate is right. That would be 13% of the 1,373,000 annual non-skin cancer cases. First, it should be noted that cancer takes about 15-25 years to progress from initiation to detection. Thus, vitamin D can play an important role all along that time. Americans consume about 300 I.U. of vitamin D a day. Solar UVB contributes a significant amount of vitamin D as well. Serum 25(OH)D levels for whites average around 25 ng/mL in winter, and around 35 ng/mL in summer, but only about 15-20 ng/mL for African Americans (13% of the population). Values tend to decline with age as people stay indoors more.

 

 38 ng/mLは、結腸・直腸癌を50%減少させ、乳癌と卵巣癌を33%減少させる効果があると考えられるため、この数値はリスクの低減要因を推測するのに、有効だといえます。全体のビタミンDの平均レベルは、約25 ng/mLくらいでしょうか。従ってアメリカ人のレベルは、発癌率を大幅に低減させるといわれる25(OH)Dレベルの、約3分の2であるといえます。

Since 38 ng/mL is estimated to be associated with a 50% reduction in colorectal cancer, and 33% reduction for breast and ovarian cancer, we can use these values to estimate the risk reductions. The overall average vitamin D level is, say, near 25 ng/mL. Thus, Americans have about two-thirds of the 25(OH)D levels found to reduce cancer rates significantly.

 

 年間160,000件という予防可能な癌の数値は、人々の体内にできるビタミンD含有率平均の38 ng/mLを基に算出したものですが、ビタミンDの有効性は、さらに高い血清25(OH)Dレベルへと増進されるべきです。数値が上がるに連れて、私も研究から目が離せなくなります。」

An estimate is 160,000 preventable cancer cases per year for a population average of 38 ng/mL. However, the benefit of vitamin D should continue to increase at the higher serum 25(OH)D levels. Thus the estimate is higher and therefore I am sticking to the figure."

▲このページのTOPへ