新発見!

 グラント博士は、いくつかの領域で新たな結果を得ました。「私は、UVBとビタミンDとガンについて、非黒色腫皮膚ガン(NMSC)の診断と二次ガンの発生の関係を調べました。過去10年におよぶ多くの研究で、NMSCと診断された患者は体内ガンの発生率が上昇することが示されました。一見すると、この発見には混乱させられます。その理由として、一般的にNMSCを発症した患者は、生涯UVB照射量が高いか(扁平上皮ガンの場合)、痛みを伴う日焼けをしている可能性を含めないとしても、少なくともUVの総照射量が高いからです。大多数の体内ガンはビタミンDの影響を受けやすいと思われるので、これらの人々は、体内ガンの発症リスクが低下したと思われます。研究によれば、イギリスでNMSCを発症した患者は、やはりビタミンDの影響を受けやすい多発性硬化症の発症リスクが半減したと報告されています。これらのデータにしばらく困惑した後、私は、NMSC患者は肺ガンを患う可能性が特に高いことに気づきました。文献には、喫煙がNMSCの危険因子であることを報告した論文がいくつかあります。さらに、食物中の脂肪、とくに動物性脂肪は肺ガンの危険因子であり、おそらくNMSCの危険因子でもあると思われます。このことから、NMSCと診断された後に他のガンを発症する危険性と喫煙人口の影響について調整したところ、UVBはNMSCおよびいくつかの一般的な体内ガンの発病リスクを軽減する因子として寄与することを示すことができました。これはUVB照射量という直接的な人的指標が体内ガンの発症リスクと逆の相関関係があることを示した最初の研究の一つかもしれません。」

 

New findings!
Grant has new results on several fronts. “In terms of UVB, vitamin D and cancer, I've investigated the relationship between diagnosis of non-melanoma skin cancer (NMSC) and development of a second cancer. A number of studies in the past decade or so indicate that those who are diagnosed with NMSC, have an increased chance of developing an internal cancer. On the face of it, this finding is puzzling since those who develop NMSC have generally had an increased lifetime UVB dose (in the case of squamous cell carcinoma), or at least a greater total UV dose but including the likelihood of painful sunburning. So these people might be expected to have a reduced risk of internal cancers, most of which are likely vitamin D sensitive. Studies have reported that those who develop NMSC in the UK have half the risk of developing multiple sclerosis, another vitamin D-sensitive disease. After puzzling over the data for a while, I realized that lung cancer risk was particularly high among those diagnosed with NMSC. There are several papers in the literature which report that smoking is a risk factor for NMSC; in addition, dietary fat, especially animal fat, is a risk factor for lung cancer, and likely for NMSC. Thus, when I adjusted the risk of other cancers after diagnosis of NMSC for the population effects of smoking, I was able to show that the UVB contribution to NMSC risk was a risk reduction factor for several common internal cancers. This may be one of the first studies to show that a direct personal measure of UVB dose was inversely correlated with internal cancer risk."

▲このページのTOPへ