新プロジェクト

 ウィリアム・グラント博士は、現在、ガン診断後の生存率上昇にビタミンDが果たす役割について調査しています。「ノルウェーのいくつかの論文では、乳ガン、結腸ガン、前立腺ガン、あるいはホジキンリンパ腫という診断が秋に下された患者は、冬または春に同様の診断をされた患者よりも、18ヶ月生存率が30%上昇したと報告されています。別の研究では、ボストンで非小細胞ガンと診断された患者でビタミンD指数が高い患者は、低い患者と比較して5年生存率が2倍になったと報告されています。最新の新聞記事では、アフリカ系アメリカ人のガン生存率の低さは、血清 25 (OH) D レベルの低さに関係していることを示す論文があります。」彼は、今後もビタミンDとガン生存率の関係を示す他の例を探し続けるでしょう。

 

New Projects
William Grant is investigating the role of vitamin D in increasing survival once cancer is diagnosed. "Several papers out of Norway reported that those diagnosed with breast, colon or prostate cancer or Hodgkin's lymphoma in the fall have a 30% increased 18-month survival rate compared to those diagnosed in winter or spring. Another study reported that those diagnosed with non-small-cell cancer in Boston with higher vitamin D indices had twice the 5-year survival rate of those with lower levels. I have a paper in press indicating that lower cancer survival rates for black Americans are related to lower serum 25(OH)D levels." He will be looking for other examples of cancer survival related to vitamin D.

 

 もう一つ、インドアタンニング産業にとって興味深いのは、黒色腫もまたビタミンDの影響を受けやすいガンであるということです。「様々な研究から、職業上、日光を浴びることが多い場合、黒色腫発生の可能性を低減していること、またビタミンDを経口摂取することに予防効果があること、そして、コネチカット州(北緯41〜42度)でも、様々な手段で日光の紫外線を照射した人々には、予防効果が働いていることが発見されています。」

What is also of interest to the indoor tanning industry, is that melanoma is also a vitamin D-sensitive cancer. Grant: "A number of studies have found that such things as occupational exposure to solar UV reduces the risk of melanoma, that oral vitamin D intake is protective, and that all measures of solar UV exposure to those living in Connecticut (41-42 degrees N) were also protective."

 

 グラント博士が取り組んでいる次のプロジェクトは、黒色腫のリスクに関連したスペクトル域は、UVB域ではなく、UVA域(315〜400 nm)の長波長紫外線であることを示すプロジェクトです。「UVA域の方にリスクが高い理由は、UVAは表皮により深く浸透し、メラニンのある基底層付近に遊離基を生成するためです。さらに、ビタミンDは、黒色腫のリスクを低下させます。」。

The next project Grant is working on, is on showing that long-wave UV, the UVA region (315-400 nm), is the spectral region associated with melanoma risk, not the UVB region. "The reason the UVA region is more of a risk, is that UVA penetrates the epidermis more deeply and generates free radicals near the basal layer where melanin is found; in addition, vitamin D reduces the risk of melanoma."

 

 グラント博士が注力しているもう1つの研究は、体内にできる癌の原因となり得る、食物の危険要因をさらに分析することです。「生活習慣病に関する私の研究には、2つの局面があります。UVBとビタミンDの関係性、そして食生活です。陸地に住み、よい健康状態を保っていたと考えられる、私たちの祖先の当時の生活様式に近づけて考えてみると、この2つの点が、関係し合っていることがよく分かります。

The other work he's doing now is directed at further analysis of dietary risk factors for internal cancers. "I see the two aspects of my studies of chronic diseases, UVB/vitamin D and diet, as being related in that both are finding that living closer to the way of life when our ancestors were living on the land is associated with better health."

▲このページのTOPへ