研究の必要性

 すでに数多くの研究がなされていますが、今後もさらに研究を重ねる必要があると、グラント博士は語ります。「さまざまな局面で紫外線を浴びることが、人間の健康と病気にどのような影響を与えるのか、公衆衛生政策を正しくガイドするための情報が、まだ不十分であるといえます。ほとんどの世界の人々にとって、UVBはビタミンDの重要な補給源であり、さまざまに異なる人種や民族の、肌の色素の度合いにも影響しています。よりよい健康状態を保つために、ビタミンDは、とても重要な役割を果たしているといえるのです。ビタミンD不足は世界中で蔓延しており、ビタミンDの不足レベルの度合いによって、様々な症状を引き起こしています。UVBとビタミンDの健康への貢献度は、アメリカで定められている5〜10の紫外線の有害要因よりも、上回ると考えています。例えば、このような推定値がどこまで正確であるかを確かめるためにも、今後もさらなる研究を重ねる必要があると考えています。」

 

The necessity of research
Although a lot of research has already been done, further research remains necessary, according to Grant. "There still is insufficient information on all aspects of UV irradiation on human health and disease to properly guide public health policy. Solar UVB radiation is the primary source of vitamin D for most people in the world, and has resulted in the variation of skin pigmentation by various races and ethnic groups. Thus, vitamin D plays a vital role in optimal health. There is an epidemic of vitamin D insufficiency in the world, with many conditions and diseases related to vitamin D levels. I estimate that the health benefits of solar UVB radiation and vitamin D outweigh the harms from UV radiation by a factor of five to ten in the U.S. Additional research is required to determine, for instance, how accurate this estimate is."

 

 さらに、紫外線照射と健康に関する科学的な研究には、たくさんの盲点があると、グラント博士は加えます。「ほとんど全ての研究報告は、経過報告です。生活習慣病の領域では、例えば類似した複数の食生活の人々を、観察し続けることが難しいように、多くの研究には限界があり、主要な発症要因を特定するのが難しいのです。

Furthermore: scientific research in the relationship UV radiation-health still has many blind spots, Grant says. "Nearly all research reports are progress reports. In the realm of chronic disease, much of the research has limitations, such as observing people with similar diets, so that the primary risk factors are difficult to identify.

 

 その上、一般的な疑問によって阻まれることもあります。長い間、ビタミンDと癌の研究の多くは、ビタミンDの経口摂取にばかり注目してきましたが、癌の予防作用を促すには、経口摂取では不十分なのです。」グラント博士は、根本的な問題は経済にも影響するといいます。「動物性の食品が、生活習慣病の発症リスクを非常に高くするという、一般に浸透している情報は、酪農や牛、豚、鳥などの家畜産業、または製薬産業や医療制度などを、経済的に脅かしかねません。その上、UVBとビタミンDの研究を進める予算が、ほとんど割り当てられていないという現状もあります。」

In addition, the studies are limited by the questions posed. For years, many studies of vitamin D and cancer looked only at oral vitamin D, which is generally too low to provide much protection against cancer." In Grant's opinion, the fundamental problem relates to economics: "Widespread knowledge that animal products greatly increase the risk of chronic disease would threaten the dairy, beef, pork, and poultry sectors of the economy as well as the pharmaceutical and health/disease care system; in addition, there is little money to be made promoting UVB and vitamin D."

▲このページのTOPへ