誤解を恐れず啓蒙し続ける姿勢

 間違った情報が蔓延し、多くの人が直射日光を避ける傾向にあることから、紫外線が健康に与える影響に関する教育プロジェクトでは、グラント博士を非常に需要な人物として位置づけています。「このような教育プロジェクトは、一般の人々や医学博士のような健康に携わる人々、公衆衛生政策を制定している人々などに向けて、直接行われるべきです。中でも1つ重要なのは、UVBは紫外線スペクトルの中で最も有益であり、ほとんどの欧州の人々の肌が受け入れられるレベルなのですから、UVBをUVランプのUV出力の1.5%に制限している法律を、中央緯度地方の日中のUVBと同等の、3〜5%に変更するべきなのです。そして、現在そのレベルではないフランスや北欧諸国の当局に、納得してもらうことが重要です。」

 

Educate against misunderstanding and fear
Educational projects regarding the health effects of UV radiation consider Grant as being very important, since there is so much misinformation out there and fear of the sun by many people. "Such educational projects should be directed towards the public as well as those giving health care such as MDs, and those who set public health policy. One important project would be to convince officials in France and some Nordic countries that UVB is the most beneficial portion of the UV spectrum, and the laws limiting UVB to 1.5% of the UV output of UV lamps should be changed to permit 3-5% or so, the same as mid-latitude, midday solar UVB, for which the European skin is generally adapted."

 

 タンニング産業自体における教育プロジェクトにも、問題点があるとグラント博士は考えています。「インドア・タンニングには、メリットとデメリットがあると思います。まずメリットとしては、美容的タンニングや予防的タンニング、ビタミンDの生成タンニングなどを開発したことだといえます。
デメリットとしては、過度なタンニング(ファッション性ばかりを追求し、美容や健康面におけるメリットを反故にしてしまうほどの)をしてしまう人の場合は、活性酸素の生成や皮膚の老化、皮膚癌のリスクを増幅させることもあると言える点でしょう。
 タンニング産業は、健康面へのメリットを無駄にしないまでも、デメリットがあることをきちんと明記した上で、メリットを打ち出すべきだと思います。メラノーマが急速に増加している理由の1つには、北欧の人々が旅行前に予防として肌の下地焼きをせずに、日差しの強い場所にバケーションに出かけてしまい、多くの人々が過度の日焼けを負ってしまうという結果を招いているためです。日焼けしやすい白人にとって、肌を日に焼くことは、2〜4つの予防要因をもたらします。

An educational project by the tanning industry itself faces some difficulties, Grant thinks. "Indoor tanning has both advantages and disadvantages. The advantages include development of a cosmetic tan, a protective tan, and vitamin D production; the disadvantages include free radical production and increased risk of skin caner and skin aging. However, the health advantages cannot be promoted without proving that the health risks do not negate the health advantages. One of the reasons that melanoma rates are increasing rapidly is that many northern Europeans travel to sunny vacation venues without developing a protective tan prior to travel, with the result that they are very likely to burn while on vacation. A tan can provide a effective protective factor of 2-4 for fair-skinned Caucasians who tan easily, thereby increasing problem-free tanning times by a factor of 2-4."

▲このページのTOPへ