次なる目標

 「UVB/ビタミンD/癌の関係性について、公衆衛生局の局員たちは、過去25年間の研究結果は仮説としては興味深いが、証明されるにはほど遠く、UVBに関する一般的な認識を是正するための正当性にも乏しい。しかし増加しつつあるビタミンDの経口摂取を奨励する程度なら、認めても構わないのではないか、と考えているのが現状です。」

 

Next steps
"The situation regarding UVB and vitamin D seems to be that public health officials consider the 25 years of the UVB/vitamin D/cancer hypothesis as interesting but far from proven, and not far enough along to warrant changing public health messages regarding UVB radiation, although probably far enough along to warrant recommending increased oral vitamin D intake."

 

 UVBとビタミンDの作用が、発症率と逆の相関性があると発見された、多発性硬化症やその他の病気についても、当局員たちは似通った見解を持っているようだと、グラント博士は付け加えます。「このような考え方を抜本的に転じさせるには、癌やその他の病気の発症リスクに関する、ビタミンDの効果的な摂取方法について、信憑性のある大々的な研究結果が必要とされているのです。」

Grant adds that officials seem to have similar thoughts about multiple sclerosis and other diseases for which UVB and vitamin D have been fond associated inversely with disease rate. “To take a sea change in these opinions, they are seeking a large-scale prospective vitamin D supplementation study on risk of cancer and other diseases.

 

 そのような研究は、すでに進行中であるかも知れませんが、私としてはビタミンDの研究について、研究者たちを納得させられるよう今後もベストを尽くすのみです。ビタミンDと癌の予防について、2月19日にスイスの聖ギャレン大学で講義を行ったのですが、終了後に若い研究者たちが数人駆け寄ってきて、ビタミンDと癌の関係性について、ぜひ自分たちも研究してみたいと言っていました。私も大学院時代に知りましたが、古い考えに凝り固まっている研究者たちを納得させるのは困難を極めますので、この分野に入ってくる次世代の若者たちに、新たなパラダイムの変化を訴えていこうと考えています。」

There may be such studies underway. I'm doing my best to interest researchers in vitamin D studies. I gave a talk on vitamin D and cancer prevention in St. Gallen, Switzerland, on February 19, and several young researchers came up afterward and said they would be interested in doing studies on vitamin D and cancer. As I learned in graduate school, it is difficult to convince those who are set in their ways, so wait for them to die and for those entering the field to accept the new paradigm."

 

 それには、どのくらい時間がかかるか分かりませんが、グラント博士と仲間の研究者たちは、目下のところ、研究結果にさらに磨きをかけています。その点に関してグラント博士は、もっと根本的な研究もされなければならないと指摘します。「メラノーマとNMSCの発症リスク要因に関して、もっと理解しやすい研究報告がなされれば、非常に役立つはずです。喫煙、食生活、肌のタイプ、遺伝的な要因、日焼け歴など、様々な要因が関係していると思うのです。しかし、日光の紫外線は避けるべきだという情報が蔓延してしまっているので、それは間違いだと認識してもらうのは、至難の業だといえるでしょう。」

This will take too long. In the mean time Grant and his fellow researchers will keep on doing their work to strengthen the basis of information. In that respect Grant points out that there is more fundamental research to be done as well. "It would be useful if studies would lead to a better understanding of the risk factors for melanoma and NMSC. It appears that smoking, diet, skin type and other genetic factors, history of sunburning, et cetera, are involved. However, given the penchant to use simple messages such as avoid solar UV radiation, more work is required to turn this message around."

▲このページのTOPへ