ウィリアム・グラント博士の経歴

ウィリアム・B・グラント博士−1971年、米国カリフォルニア州バークリー地方・カリフォルニア大学、物理学博士修士号。オゾンやエアゾールのような、大気中の汚染物質と成分を、リモート測定するレーザーシステムの開発に従事。1989年から2004年まで、大気科学研究所のシニア科学者として、バージニア州ハンプトン地方にある、NASAのラングレイ研究センターに勤務。

 

William Grant - his career
William B. Grant earned a Ph.D. in physics from the University of California, Berkeley in 1971. Much of his professional career has been devoted to developing laser systems for the remote measurement of atmospheric pollutants and constituents, such as ozone and aerosols. From 1989-2004, he was a Senior Research Scientist in Atmospheric Sciences Research at the NASA Langley Research Center in Hampton, Virginia.

 

 1996年以来、生活習慣病の発症要因となり得る、食生活と生活環境に関する研究に、就業時間外の時間を注ぎ込むようになる。健康に関するさまざまな文献の熟読と、生態学の観点から見た革新的なアプローチとのコンビネーションにより、1997年に食生活とアルツハイマー病について、草分け的な関係性を発表。2002年、ビタミンDの生成に付随しているUVBが、アメリカ国内における毎年17,000〜23,000人の、時期尚早の癌による死亡者数に関係していると発表。2004年の初旬にNASAから退職し、サンフランシスコに移住。非営利団体であるサンライト・ニュートリション・アンド・ヘルス・リサーチ・センター(SUNARC)を設立。2002年に発表した癌研究をさらに掘り下げ、アルコール消費量やヒスパニック系の血統継承の有無、生活水準、喫煙の有無、都市部における居住の有無なども発症リスク要因として見なし、ビタミンDに関係して発症するとされる癌の数は、(グラント博士及び、抗癌研究センターのガーランド博士と共に)17種類あると発表。また、ビタミンDの値が低いために、アメリカ人の中でもアフリカ系アメリカ人の癌発症後の生存率が、白人に比べて低いという仮説も発表(全米医学協会)。最近では、ビタミンDの研究に加え、UVBと生存率との関係や、癌や心臓病の発症リスクにおける食生活の役割についても研究中。

Starting in 1996, he turned his attention after duty hours to studying the dietary and environmental links to chronic diseases. Through a combination of innovative uses of the ecologic approach and a careful search of the health literature, he made the pioneering link between diet and Alzheimer's disease in 1997. In 2002, he showed that incidental UV-B, presumably through the production of vitamin D were likely responsible for 17-23,000 premature cancer deaths in the U.S. annually. He retired from NASA in early 2004 and moved to San Francisco, where he formed the non-profit corporation Sunlight, Nutrition and Health Research Center (SUNARC). He extended the 2002 cancer study by including other factors such as alcohol consumption, Hispanic heritage, poverty, smoking and urban residence, and raised the number of vitamin D-sensitive cancers to 17 [Grant and Garland, Anticancer Res., in press]. He also has a paper on the hypothesis that lower survival rates for black Americans diagnosed with cancer compared to white Americans is due to lower vitamin D status [National Medical Assoc, in press]. Currently, he is doing additional work on vitamin D and cancer, including survival rates related to UVB, as well as researching the role of diet in cancer and heart disease risk.

▲このページのTOPへ