SUNARC

 サンライト・ニュートリション・アンド・ヘルス・リサーチ・センター(SUNARC)は、食生活とライフスタイルを変えることよって予防できる、生活習慣病の研究や教育を専門とする団体です。

 

SUNARC
The Sunlight, Nutrition and Health Research Center (SUNARC) is an organization devoted to research, and education relating to the prevention of chronic disease through changes in diet and lifestyle.

 

 生活習慣病の発症リスクを低減する研究を続けるため、2004年の初旬にNASAを退職した直後、グラント博士により設立されました。「非営利団体であるSUNARCは、ときどき私にアドバイスをする理事会があるものの、実際に活動しているのは私のみです。」カリフォルニア州・サンディエゴ地方にある、カリフォルニア大学・公衆衛生学科のセドリック・ガーランド博士や、同僚のエドワード・ゴーラム博士らとのコラボレーションにより、生態学の研究や、評論、原稿などの執筆を行っています。

Grant founded SUNARC in early 2004 just after he retired from NASA in order to continue and extend his research into primary risk-modifying factors for chronic diseases. “I am the sole person in SUNARC, although it is a non-profit organization with a board of directors who advise me from time to time.” Grant points out that he collaborates with several researchers such as Professor Cedric Garland, MPH, University of California, San Diego and his colleagues, including Dr. Edward Gorham, in doing ecologic studies and writing review and opinion manuscripts.

 

ボストン大学のマイケル・ホリック博士と、いくつかの論文を執筆したことがあり、ノルウェイのジョアン・モアン博士とは新聞発表を、マイケル・ホリック博士とダン・ゴーダー(全米食品医薬品局員)とは、アメリカ国内のUVBの放射照度による、ビタミンDの生成について、いくつかの共同執筆を行っています。

Grant has also written several review papers with Professor Michael Holick, Boston University, one paper with Prof. Johan Moan in Norway, and he is coauthoring a couple of manuscripts with Danne Godar (U.S. Food and Drug Administration) and Michael Holick on vitamin D production from solar UVB irradiance at the population level in the U.S.

sunarc1.gif  ita1.gif tan1.gif

 

▲このページのTOPへ