太陽とマシン、それぞれの日焼けの注意ポイント。[2010.7.1]

●太陽での日焼けの注意

 

赤くヒリヒリする「ヤケド日焼け」にならないように注意しましょう。

ヤケド日焼けは、肌の細胞を傷つけ、皮膚がんを発症させる可能性があります。

また、肌の老 化を早め、シミの原因になります。

強い日差しを浴びると、いつも赤く「ヤケド日焼け」をしてしまう方は、直射日光に当たるのを

避け、濃い色のパレオを羽織るか、日陰で過ごすようにしましょう。

日焼けして肌色が小麦色になる人でも、肌色の白いうちは、日差しの弱い時間帯か、

あるいは日陰で過ごして、徐々に肌色をつくっていくようにしましょう。

晴天の日の11時から2時位までは、紫外線が最も強い時間帯です。

肌色の黒い方でも、直射日光を避けるようにしましょう。

日焼けした後は、保湿剤で肌の手入れを忘れずにするようにしましょう。 

裸眼で太陽を見ると、目を傷つける可能性があります。日差しの強い場所では

サングラスを利用しましょう。

屋外で日焼けした後に、タンニングマシンを利用する場合、3日以上の間隔をあけて、

肌の状態の確認が必要です。

 


●タンニングマシンをご利用する方へ


肌色が白い場合は、光線の弱いマシンで、短い(15分〜20分程度)時間の

利用から始めてください。

肌色の黒い人でも、30分以上の長時間利用はおすすめできません。

マシンタンニングをした日は、太陽の下での日焼けは避けてください。

ヤケド日焼けする可能性があります。 

次回のタンニングまでは、必ず、二日以上、間隔を空けるようにしましょう。

下地づくりの場合も、必ず、二日以上、間隔を空けてから、

海やプールに行くようにしましょう。

タンニング中は、ゴーグルを使用して、目を保護してください。

タンニングの後は、保湿剤で肌の手入れをするようにしましょう。

日焼けのできない方は、使用は避けてください。

店内に掲示の「タンニングの注意事項」を必ず読み、安全規則を守ってください。 

 

タンニングガイドをご覧いただくと、詳細な情報がご覧になれます。