「タンニングマシン利用上の安全基準」の普及について [2011.4.20]

昨年6月、東京都において「日焼けマシンの安全な利用に関する調査」が公表され、当協会に安全対策を講じるよう要望がありました。また、消費者庁からも、この東京都の公表を受けて、「日焼けマシンの使用に伴う危害の防止について」という注意喚起が行われています。当協会では、これらを受けて、広く利用者の方々に、より安全にタンニングマシンを利用していただくために、昨年8月、外部の有識者の方々による検討会を設置し、新たな安全基準の策定を行いました。

 なお、この検討会には、消費者庁と東京都にもオブザーバーとして参加していただくなど、ご協力をいただいています。

 新基準は、ご利用できない方の範囲、利用に当たっての注意事項等を分かりやすいものに見直すとともに、機器の照射の強度と利用時間の目安を設定するなど、特に初めての利用者の方でも安心してご利用いただけるよう配慮したものとしており、当協会の加盟施設には、平成23年2月1日より導入しています。
  協会に加盟していない事業者の方々にもお知らせし、この安全基準を参考に、利用者の安全・安心に配慮した事業を行っていただくよう、主要各社に送付させていただきました。

 新基準に関して、ご興味やご質問がある企業、施設、報道関係の方は、お気軽に当協会まで、お問い合わせください。