ビタミンD生成・紅斑紫外線量情報(国立環境研究所ホームページより)

適度な日光浴によって、人は人体に不可欠なビタミンDを屋外活動によって無意識のうち取り込んでいます。国立環境研究所ホームページの情報は、屋外活動をして、紫外線の害が及ばない時間を示し、その間どのくらいのビタミンDを生成することができるのか、を判断する「時間の目安」となるものです。

ビタミンDの必要摂取量は、国立環境研究所ホームページの「必要なビタミンD量」参照して下さい。

国立環境研究所HPでは、平均的な日本人の肌(SPT : V)を想定・解析したデータを提供しています(国立環境研究所HPの「日本人のスキンタイプ」参照)。

国立環境研究所HPでは最少紅斑紫外線量に至らない日光照射時間を無害としています(国立環境研究所HPの「有害となる紫外線」参照)。

冬季など紫外線が不足する場合は、魚など食事からビタミンDを積極的に摂取することが必要です。屋外活動がなく、また食事からの摂取が困難な場合は、必要量のサプリメントの摂取も考慮する必要があります(国立環境研究所HPの「食物からのビタミンDの摂取について」参照)。

詳しくは国立環境研究所HPの「解説」を参照してください。国立環境研究所HPは最近の最も信頼できると思われる知見を利用した結果に基づいて構築されたものです。人体の健康について保証するものではありません。


【ビタミンD生成・紅斑紫外線量情報(速報値)】 【ビタミンD生成・紅斑紫外線照射時間 (速報値)】

【過去のデータの検索・表示】


※国立環境研究所ホームページより抜粋