日本セーフティ・タンニング協会(JSTA)のご案内

photo01.jpg

日本セーフティ・タンニング協会では、日光や紫外線に関する正しい知識や、正しいタンニングマシーンの利用法、アウトドアでの安全なタンニング方法などの知識を提供しています。 

 

日本では今、日光の紫外線は百害あって一利なし…という、極めて偏見的な情報が流されています。そのため、日本人の多くが日光を浴びることがまるで生命を危険にさらすことのように思い込んでいます。

しかし、日光や紫外線には、生理活動を支えるさまざまな作用があります。また、日光や紫外線を浴びない生活を続けていると、カルシウムの吸収効率が低下する、骨や筋肉が弱まる、ホルモンの分泌バランスが崩れる、気持ちがウツ状態になる、免疫力が低下する、アレルギー体質になりやすい…などの、からだにさまざまな弊害が生じてきます。

タンニングマシーンは、そうした不健康症状を防ぐために、ヨーロッパで開発されました。