私たちにはどの程度の日光が必要か? European Sunlight Association の記事より

この記事で、ドイツのJW ホールディング社(JW Holding GmbH)のピーター・ボシオネク博士(Dr. Peter Bocionek)は、マイケル F. ホリック教授(Michael F. Holick)の新刊「紫外線のメリット(The UV Advantage)」をめぐる活発な論議についてコメントしている。


2004年6月にロンドンのプレス・コンファレンスで発表された、ボストンのマイケル F. ホリック教授の著書「紫外線のメリット」という本は、明らかに科学的な論争を巻き起こした。多くの皮膚科医がホリック教授の主張を受け入れることを拒否し、その結果、教授は皮膚科学の教授職を辞することになった。ドイツの有名な雑誌「シュピーゲル(Der Spiegel)」がこの話題を取り上げたのも、もっともである。
ホリック教授によれば、一般の人が抱いている皮膚ガンへの不安は、主に皮膚科医が書き立てているもので、その不安が大きすぎるために、西半球の人々の多くが日光を十分に浴びていない、という。その結果、人体に必要なビタミンDが十分供給されていない。この欠乏症により、多発性硬化症や、様々な種類のガン、糖尿病などの病気が引き起こされている、という。だが、ほとんどの皮膚科医は、午前10時から午後4時までは日光に当たらないようにするか、つねにSPF(日焼け防止指数)15以上の日焼け止めを使用することを勧めている。
SPF値が中〜高のローションをつねに使い続けていると、ビタミンDの生成が完全に停止することは明白だ。また、人体が十分な量のビタミンDの供給を必要としているという事実も明らかだ。さもないと、カルシウムと骨の代謝がうまく機能しなくなり、それにより骨格に重度の損傷を引き起こすおそれがある。
が、その役割が低下していることは、冬の終わりには西ヨーロッパでは普通の人のビタミンDレベルが著しく低下しているという事実からもわかる。このような人々は、ビタミンD欠乏症であることが多い。とくに高齢者は、運動量が少ないうえに、皮膚のビタミンD合成能力が低下しているため、より長く日光を浴びる必要がある。しかし、若い人でも仕事のために終日屋内にいて、通勤に自動車を使用している場合は、十分なビタミンDを生成していないおそれがある。彼らが暇になる夜には、十分なビタミンDを得るにはUVB の放射レベルが低すぎるからだ。夜仕事をして昼間に眠る人々にも、このような危険がある。
ビタミンDのガン予防効果についても、トロントで行われた8月の別のケース・スタディーがこれを確認しているものの、議論の余地がある。やはり、評価の高いドイツのビタミンDの研究者は、ホリックの説を完全に支持しているが、ユーロスキン(Euroskin)の代表者は、ビタミンDの保護機能の可能性は排除しないものの、この仮説を裏付けるには、もっと多くの研究が必要だと述べている。
われわれがどの程度の量の日光を必要としているかについては、さらに科学的な研究を重ねる必要があるのは明らかだ。いずれにせよ、科学的な論争は賛否両論のまま続くだろう。主唱者の立場が違えば、結論も異なるからだ。皮膚科医は、主に紫外線の皮膚への悪影響に焦点を当て続けるだろう。しかし、問題は、他の臓器にどんな影響があろうとも、日光を避けるべきなのか、ということだ。

 

How much sun do we need?
The book “The UV Advantage” written by Professor Michael F. Holick from Boston, which he launched in June 2004 at a press conference in London, has evidently triggered a scientific disputer. Many dermatologists refused to accept Holick’s statements and this consequently lead to the resignation of his professorship in dermatology. Reason enough for the well-known German magazine “Der Spiegel” to pick up the story.
According to Holick, the general fear of getting skin cancer, which is mainly raised by dermatologists, is so high that a large proportion of the population in the western hemisphere dose not get enough sun exposure. As a result, the human body is not sufficiently supplied with essential Vitamin D. This deficiency causes diseases like multiple sclerosis, various sorts of cancer and diabetes. From the point of view of most dermatologist’ advice is to avoid sun exposure between 10am and 4pm and otherwise to always use a sunscreen with sun protection factor (spf) 15 or higher.
It is undisputed that, with the permanent use of medium to high spflotions, Vitamin D production comes to a complete halt. Undisputed also, is the fact that the human body needs a sufficient Vitamin D supply, because otherwise the calcium and bone metabolisms will not function properly and this can cause severe damage to the skeleton. That the sun is indeed the main supplier for Vitamin D 90 to 95% of the total demand is undermined by the fact that, at the end of the winter months, the Vitamin D level of the normal population is Western Europe is severely reduced. Such people are often Vitamin D deficient, especially elderly people with limited mobility and who need to stay in the sun longer due to the reduced synthesis of vitamins in their skin. But also younger people, who due to their profession stay indoors the whole day and use the car to get to and from work are at risk of not producing sufficient Vitamin D. During their leisure time in the evening the level of UVB radiation is too low to get a sufficient dose. Also at risk are people who work at night and sleep during the day.
The preventive effect of Vitamin D with regard to cancer diseases is also controversially disputed, despite another case study from Toronto in August confirming this. Again, although a well regarded German Vitamin D scientist supported Holick’s statements to the fullest extent, a representative of Euroskin does not exclude the possibility of a protective functioning of Vitamin D, but said that much more research is needed to confirm this thesis.
There is surely a need for further scientific research to find out how much sun we need. In any case the scientific debate will continue to be controversial, because the conclusions will be different due to the differing positions of the protagonists. Dermatologists will continue to focus mainly on the negative effects of UV radiation on the skin. But the question is: Should we stay out of the sun no matter what the consequences are for our other organs?

▲このページのTOPへ